“自由設計”も“新築分譲”も「大賀建設の品質」が生きています。
“自由設計”も“新築分譲”も「大賀建設の品質」が生きています。
  • 1 家族のための設計品質

    家づくりをする上で、住む方の「普段の暮らし」を考えています。「家族」「子育て」「家事」「夫婦」「自分」を普段から大切にできるような家づくりをしております。

  • 2 耐震・省エネマジメな施工品質

    国が認定する制度である「長期優良住宅」や、次世代省エネ基準に標準で対応していて、「技術面」でも信頼をおける家づくりをしています。

  • 3 安心のアフターサービス品質

    大賀建設は、各分野のスペシャリストがチームとなり、連携し合いながらお客様の住まいを守ります。

  • 4 ライフスタイルに合わせたマネープラン品質

    マイホームのご購入は、人生の中で大切なイベントの1つです。そのため、借入額や返済額、自己資金、物件の価格に加えて税金など様々な費用がかかることを考慮して長期的なプランを立てます。

  • 1 家族のための設計品質

    家づくりをする上で、住む方の「普段の暮らし」を考えています。「家族」「子育て」「家事」「夫婦」「自分」を普段から大切にできるような家づくりをしております。

  • 2 耐震・省エネマジメな施工品質

    国が認定する制度である「長期優良住宅」や、次世代省エネ基準に標準で対応していて、「技術面」でも信頼をおける家づくりをしています。

  • 3 安心のアフターサービス品質

    大賀建設は、各分野のスペシャリストがチームとなり、連携し合いながらお客様の住まいを守ります。

  • 4 ライフスタイルに合わせたマネープラン品質

    マイホームのご購入は、人生の中で大切なイベントの1つです。そのため、借入額や返済額、自己資金、物件の価格に加えて税金など様々な費用がかかることを考慮して長期的なプランを立てます。

家づくりをする上で大切なポイント

大賀建設は家づくりをする上で、住む方の「普段の暮らし」を考えています。実際に住む、「家族」のこと、
家で起こるさまざまな事に注目して家づくりをします。

家づくりをする上で大切なポイントコンセプト

  • まずは家族を考えよう
  • 次は育児・子育て
  • 家事も家族に密接です
  • 夫婦が家族の基盤
  • 最後は「自分」を大切に
最後は「自分」を大切に
夫婦が家族の基盤
家事も家族に密接です
次は育児・子育て
まずは家族を考えよう

家づくりをする上で大切なポイント

大賀建設は家づくりをする上で、住む方の「普段の暮らし」を考えています。実際に住む、「家族」のこと、家で起こるさまざまな事に注目して家づくりをします。

家づくりコンセプト

一つ屋根の下に暮らすのですから、家族は仲良くあって欲しい。そのために必要なことは、家族のコミュニケーション。食事が終わったら、家族それぞれ個室にこもってしまうような家づくりはしたくありません。

かといって、家族みんなの行動が丸見えも困りものです。こどもの成長に合わせプライバシーは守りつつ家族の息遣いは何となく感じられる、そんな家づくりを目指しています。

こどもが健やかに育つことも家づくりに欠かすことが出来ません。

のびのびと育って欲しい男の子だからといって、家事手伝いが出来ないのは困りもの。
お母さんを手伝いながら家事を覚えていくのも子育てには必要です。もちろん読書や勉強、遊びの場所を用意してあげることも親の務め。
子育てを考えた間取り設計が重要になります。

休日も定年退職もない家事。
家族が住み続けるためには避けて通ることが出来ない仕事です。
でも、奥様一人で家事全てを賄うことは家族の幸せになりません。

家族みんなで出来ることはみんなで。
手抜きではなく効率化して、時間を家族のため子育てのため自分のために使いましょう。

一日中仕事に家事に追われる2人。

寝る前のひと時ぐらいは2人が
ゆったり過ごせる場所を持ちたいですよね。

何よりこどもが巣立った後も住み続ける2人ですから、2人が心安らげる場所を用意しましょう。

家族やこどものために自分が犠牲を払うことは親としての務めですが、趣味や資格取得、美容に健康と自分が充実した暮らしをしなければ、こどもたちに人生の先輩としての模範を示すことが出来ないと思います。

自分自身が満足できる住まいである事もやっぱり重要です。

大賀建設を支える安心の技術と性能

  • 1 構造の強さを耐震実験で実証

    実物大住宅を使用した耐震実験で、その安全性を実証しました。

  • 2 長く住み続けられる住まい

    大賀建設は長期優良住宅に標準で対応しています。

    ※「長期優良住宅」の認定を受ける場合は、別途費用がかかります。

  • 3 省エネ・安全・安心の標準性能

    省エネと安全、安心は大賀建設の標準仕様です。

  • 4 健康・快適・防犯への取り組み

    いつでも安心で、気持ちよく、健康的に暮らすための工夫があります。

大賀建設を支える安心の技術と性能

  • 1 構造の強さを耐震実験で実証

    実物大住宅を使用した耐震実験で、その安全性を実証しました。

  • 2 長く住み続けられる住まい

    大賀建設は長期優良住宅に標準で対応しています。

    ※「長期優良住宅」の認定を受ける場合は、別途費用がかかります。

  • 3 省エネ・安全・安心の標準性能

    省エネと安全、安心は大賀建設の標準仕様です。

  • 4 健康・快適・防犯への取り組み

    いつでも安心で、気持ちよく、健康的に暮らすための工夫があります。

家づくりサポート

家族の暮らしを未来へつなぐ 大賀建設の家づくり完成までの「検査体制」と完成後の「アフターサービス」

大賀建設の家づくりは家が完成して終わりではありません。検査体制と安心の保証システムで確かな品質を末永くお約いたします。

  • 検査体制

    お引渡し前の徹底した「検査体制」。
    着工から完成に至るまでの各工程で
    品質検査を行っています。

    検査体制 確かな品質を保証
  • アフターサービス

    お引渡し後も安心の「アフターサービス」。
    長期にわたって住まいの品質を保ちます。

    • アフターサポート お困りのときは迅速対応
    • 定期点検 住まいの品質を維持する
    • 保証制度 長期にわたり住まいを守る

家づくりサポート

家族の暮らしを未来へつなぐ 大賀建設の家づくり完成までの「検査体制」と完成後の「アフターサービス」

大賀建設の家づくりは家が完成して終わりではありません。検査体制と安心の保証システムで確かな品質を末永くお約いたします。

  • 検査体制

    お引渡し前の徹底した「検査体制」。
    着工から完成に至るまでの各工程で
    品質検査を行っています。

    検査体制 確かな品質を保証
  • アフターサービス

    お引渡し後も安心の「アフターサービス」。
    長期にわたって住まいの品質を保ちます。

    • アフターサポート お困りのときは迅速対応
    • 定期点検 住まいの品質を維持する
    • 保証制度 長期にわたり住まいを守る

資金計画について

大賀建設は、土地や物件の選定のお手伝いや住まいのプランニング提案はもちろん、予算の組み方や銀行への事前審査のお手伝いなど、資金計画でもお客様をサポートします。

資金計画は、不動産の購入おいてとても重要です!

資金計画をおろそかにすると途中で予算が不足したり、月々の支払いで思わぬ苦労をすることにもなりかねません。
お客様の幸せな暮らしのためにも、引越し費用なども含めた細微な資金計画の作成を私たちはサポートします。

自己資金について

不動産購入のために必要な費用は、土地の購入費や建築費だけではありません。たとえば印紙代、登記のための手数料、保証料、税金など、いわゆる諸費用が別途必要となります。その目安は新築住宅なら通常、3%とされています。この諸費用は基本的にはローンの対象外なので(金融機関や金融商品によってはローンの対象となるケースもあります)、現金で用意する必要があるのです。
また土地購入費や建築費などの住宅ローンも、ケースにより全額借入することも可能ですが、入居後の生活を考えると、最低20%程度の頭金を用意しておくことをお勧めいたします。
ローン借入を少しでも抑えることで返済の負担を軽くするためです。このように考えると、自己資金はできるなら購入価格の20~25%程度を用意しておくと、その後の暮らしも安心感が高まるのではないでしょうか。

不動産購入の総費用と資金計画

ポイント1
不動産購入には、
諸費用が必要です。
ポイント2
無理のない返済計画を組むためにもなるべく多めに用意したいですね。
ポイント3
「いくらまで借りられるか」ではなく、「いくらなら無理なく返済できるか」を考えましょう。
ポイント4
ボーナス返済はできるだけ少なくしましょう。

毎月の返済額について

住宅ローンの融資額は、年収(税込)によって決まります。
融資額の基準は金融機関や商品によって異なりますが、たとえばフラット35を扱う住宅金融支援機構の場合、年間返済額の割合は年収の30%~35%以下とされています。
また金融機関や商品によっては、他の借入を含め、年間の返済額が年収の40%程度になるまで借り入れが可能な場合もあります。年間の返済額は、年収の25%程度に抑えるのが一般的とされていますが、年齢やライフスタイルによって前後することになります。
この年間の返済額を12で割ると、毎月の返済額の目安を知ることができます。併せて現在の家賃をベースに、「毎月どれくらいまで返済できるのか?」を考慮し、資金計画を立てていくことが重要なポイントとなります。

ローン返済中の家計簿

ポイント1
ライフサイクルを考え、お子様の教育費、結婚費用や老後のための貯蓄などいざというときのために備えましょう。
ポイント2
ローン返済の他、固定資産税などの税金や、住宅維持費なども考えましょう。

収入合算について

住宅ローンの融資額の基準は年収ですが、融資額が希望額に達しないケースも当然ながらあります。その場合、配偶者や同居する親の年収を合算することで、融資額を増やすことも可能です。
たとえば夫の年収が400万円、妻が300万円の場合、合算して700万円という扱いになり、基準が年収の25%とすると夫のみの年収では年間100万円までしか借入できませんが、合算により175万円まで融資が受けられるのです。
ただし子どもの誕生により妻が離職することが想定される、など将来の生活設計を慎重に考慮しないと、ローンを支払えなくなることもありえるので注意が必要です。

資金計画について

大賀建設では、土地購入の意思決定段階に際し、家のプランニング、予算組、銀行への事前審査のお手伝いをすることでより間違いのない土地購入、そして家づくりのご提案をサポートしております。

土地と併せて大切な部分がフィナンシャル(資金計画)です。

資金計画をおろそかにすると途中で予算が不足したり、月々の支払いで思わぬ苦労をすることにもなりかねません。お客様の幸せな暮らしのためにも、引越し費用なども含めた細微な資金計画の作成を私たちはサポートします。

自己資金はできるだけ多く

不動産購入のために必要な費用は、土地の購入費や建築費だけではありません。たとえば印紙代、登記のための手数料、保証料、税金など、いわゆる諸費用が別途必要となります。その目安は新築住宅なら通常、3%とされています。この諸費用は基本的にはローンの対象外なので(金融機関や金融商品によってはローンの対象となるケースもあります)、現金で用意する必要があるのです。
また土地購入費や建築費などの住宅ローンも、ケースにより全額借入することも可能ですが、入居後の生活を考えると、最低20%程度の頭金を用意しておくことをお勧めいたします。
ローン借入を少しでも抑えることで返済の負担を軽くするためです。このように考えると、自己資金はできるなら購入価格の20~25%程度を用意しておくと、その後の暮らしも安心感が高まるのではないでしょうか。

不動産購入の総費用と資金計画

ポイント1
不動産購入には、諸費用が必要です。
ポイント2
無理のない返済計画を組むためにもなるべく多めに用意したいですね。
ポイント3
「いくらまで借りられるか」ではなく、「いくらなら無理なく返済できるか」を考えましょう。
ポイント4
ボーナス返済はできるだけ少なくしましょう。

毎月の返済額について

住宅ローンの融資額は、年収(税込)によって決まります。融資額の基準は金融機関や商品によって異なりますが、たとえばフラット35を扱う住宅金融支援機構の場合、年間返済額の割合は年収の30%~35%以下とされています。
また金融機関や商品によっては、他の借入を含め、年間の返済額が年収の40%程度になるまで借り入れが可能な場合もあります。年間の返済額は、年収の25%程度に抑えるのが一般的とされていますが、年齢やライフスタイルによって前後することになります。
この年間の返済額を12で割ると、毎月の返済額の目安を知ることができます。併せて現在の家賃をベースに、「毎月どれくらいまで返済できるのか?」を考慮し、資金計画を立てていくことが重要なポイントとなります。

ローン返済中の家計簿

ポイント1
ライフサイクルを考え、お子様の教育費、結婚費用や老後のための貯蓄などいざというときのために備えましょう。
ポイント2
ローン返済の他、固定資産税などの税金や、住宅維持費なども考えましょう。

収入合算について

住宅ローンの融資額の基準は年収ですが、融資額が希望額に達しないケースも当然ながらあります。その場合、配偶者や同居する親の年収を合算することで、融資額を増やすことも可能です。
たとえば夫の年収が400万円、妻が300万円の場合、合算して700万円という扱いになり、基準が年収の25%とすると夫のみの年収では年間100万円までしか借入できませんが、合算により175万円まで融資が受けられるのです。
ただし子どもの誕生により妻が離職することが想定される、など将来の生活設計を慎重に考慮しないと、ローンを支払えなくなることもありえるので注意が必要です。

PAGETOP